сар

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

cap も参照。

タジク語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアタジク語版に сар の記事があります。

発音[編集]

名詞[編集]

сар

ダリー語 سر
ペルシア語 سر
タジク語 сар
  1. 初め

類義語[編集]


モンゴル語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディアモンゴル語版に сар の記事があります。
сар(語義1)

発音[編集]

名詞[編集]

сар(ан) (sar(an))(モンゴル文字: ᠰᠠᠷᠠ (sara)[1]

  1. 《天体》

сар (sar)(モンゴル文字: ᠰᠠᠷ᠎ᠠ (sar-a)[1]

  1. 《時間単位》月。
    нэгдүгээр сар -

格変化[編集]

語義1:

主格 属格 位格 対格 造格 奪格 共同格
キリル文字 сар (sar) сарны саранд (sarand) сарыг сараар (saraar) сарнаас (sarnaas) сартай (sartaĭ)
モンゴル文字 (wp) ᠰᠠᠷᠠ
(sara)
ᠰᠠᠷᠠᠨ ᠊ᠤ
(saran-u)
ᠰᠠᠷᠠᠨ ᠳᠤ
(saran-du)
ᠰᠠᠷᠠ ᠶᠢ
(sara-yi)
ᠰᠠᠷᠠ ᠪᠠᠷ
(sara-bar)
ᠰᠠᠷᠠᠨ ᠠᠴᠠ
(saran-ača)
ᠰᠠᠷᠠ ᠲᠠᠢ
(sara-tai)
注.: 属格、与位格、奪格で н が現れる[2][1]

語義2:

主格 属格 位格 対格 造格 奪格 共同格
キリル文字 сар (sar) сарын сард (sard) сарыг сараар (saraar) сараас (saraas) сартай (sartaĭ)
モンゴル文字 (wp) ᠰᠠᠷ᠎ᠠ
(sar-a)
ᠰᠠᠷ᠎ᠠ ᠶᠢᠨ
(sar-a-yin)
ᠰᠠᠷ᠎ᠠ ᠳᠤ
(sar-a-du)
ᠰᠠᠷ᠎ᠠ ᠶᠢ
(sar-a-yi)
ᠰᠠᠷ᠎ᠠ ᠪᠠᠷ
(sar-a-bar)
ᠰᠠᠷ᠎ᠠ ᠠᠴᠠ
(sar-a-ača)
ᠰᠠᠷ᠎ᠠ ᠲᠠᠢ
(sar-tai)

参照[編集]

語義2:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 塩谷茂樹、中嶋善輝『大阪大学世界言語研究センター 世界の言語シリーズ3 モンゴル語』大阪大学出版会、2011年、347頁。ISBN 978-4-87259-327-3
  2. 小沢重男『現代モンゴル語辞典』大学書林、1983年。