сей

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンディ語[編集]

同系語[編集]

  • アヴァル語: ци (ci)

名詞[編集]

сей (sey)


ネネツ語[編集]

Сей

語源[編集]

サモエード祖語 *säjə < ウラル祖語 *śüdäme

同系語[編集]

  • ハンガリー語: szív
  • フィンランド語: sydän

発音[編集]

  • IPA(?): /ˈsʲejə/
  • 分綴: сей

名詞[編集]

сей (śey°)

  1. (解剖学) 心臓

参考文献[編集]

  • A. P. Pyrerka and N. M. Tereshenko, editors (1948) Русско-Ненецкий словарь [ロシア語-ネネツ語辞書], モスクワ: Огиз, page 256
  • Irina Nikolaeva (2014) A Grammar of Tundra Nenets, Walter de Gruyter GmbH, →ISBN, page 35

バシキール語[編集]

語源[編集]

テュルク祖語 *čɨj (濡れた, 湿った; 生の)

同系語[編集]

  • カラハン語: [文字 needed] (či, 湿った)
  • タタール語: чи (çi)
  • トルコ語: çiy (しずく)
  • ハカス語: чіг (çíg, 生の, 生焼けの)

など

発音[編集]

  • IPA(?): [sɪ̞j]
  • 分綴: сей

形容詞[編集]

сей (sey)

  1. 濡れた湿った水浸しの。
    • Сей утын насар яна.
      Sey utïn nasar yana.
      湿った薪はよく燃えない。
    • Сей бесән.
      Sey besän.
      湿った干し草。
  2. 生焼けの。
  3. なまの。

類義語[編集]

対義語[編集]

派生語[編集]


ブルガリア語[編集]

発音[編集]

動詞[編集]

сей (sej)

  1. се́я (séja)命令法第二人称単数形。

ロシア語[編集]

発音[編集]

  • IPA(?): [sʲej]
  • (ファイル)
  • カナ表記例: 「シェイ」
  • 分綴: сей

語源1[編集]

スラヴ祖語 *sь (この)

二重語[編集]

  • сий (sij) (古代教会スラヴ語からの借用語)

限定詞[編集]

сей (sej) (指示詞)

  1. (古・廃, 詩的表現, 文語, 滑稽) この
用法[編集]
  • Сей は古語であり、他の単語や特定の成句と組み合わせない限り、話し言葉や散文で用いられることは滅多にない。
    • сего́дняsevódnja今日
    • сейча́сsejčás
    • сию́ мину́туsijú minútuたった今
    • до сих по́рdo six pór今まで
    • по сей деньpo sej denʹこの日まで
    • при сёмpri sjómこれと共に
    • и то́ и сёi tó i sjóこれとその他の両方
    • то да сёto da sjóあるものと別のもの
    • ни то́ ни сёni tó ni sjóはっきりしない
  • 堅苦しい表現や戯けた表現に用いられることもある。
格変化[編集]
類義語[編集]
対義語[編集]
上位語[編集]
関連語[編集]
名詞
形容詞
副詞
連語[編集]

語源2[編集]

異表記・別形[編集]

動詞[編集]

сей (sej)

  1. се́ять (séjatʹ)命令法未完結相第二人称単数形。