шөнө

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

モンゴル語[編集]

語源[編集]

元朝秘史』の中世モンゴル語では 雪儞 (söni) という形で見える。söni > sinö > šinö > šönö というように一旦母音の音位転換 (wp)を経て変化していった[1]

発音[編集]

名詞[編集]

шөнө (šönö)(モンゴル文字: ᠰᠥᠨᠢ (söni)[2][3]

格変化[編集]

主格 属格 位格 対格 造格 奪格 共同格
キリル文字 шөнө шөнийн шөнөд шөнийг шөнөөр шөнөөс шөнөтэй

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 小沢重男『日本語の故郷を探る』講談社、1979年、100頁。
  2. 小沢重男『現代モンゴル語辞典』大学書林、1983年。
  3. 塩谷茂樹、中嶋善輝『大阪大学世界言語研究センター 世界の言語シリーズ3 モンゴル語』大阪大学出版会、2011年、358頁。ISBN 978-4-87259-327-3