ядро

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カザフ語[編集]

語源[編集]

ロシア語 ядро́ (jadró) < スラヴ祖語 *ędro から借用。

名詞[編集]

ядро (yadro) (アラビア文字 يادرو‎)

  1. 核心

派生語[編集]

ブルガリア語[編集]

語源[編集]

ロシア語 ядро́ (jadró) から借用。

発音[編集]

名詞[編集]

ядро́ (jadró) 中性

  1. 核心
  2. (生物学, 物理学) 細胞核原子核
  3. (情報技術) カーネル

派生語[編集]

ロシア語[編集]

語源[編集]

スラヴ祖語 *ędro

発音[編集]

  • IPA: /(j)ɪˈdro/

名詞[編集]

  1. (植物学)
  2. (歴史) 砲弾砲丸円弾
  3. (物理学, 言語学)
  4. 核心
  5. (天文学, 地質学) 天体、星、銀河の中心核
  6. (天文学) 彗星の
  7. (情報技術) 磁心
  8. (情報技術) カーネル
  9. (物理学) 原子核
  10. (陸上競技) 砲丸
  11. (社会学) 中枢中核コア
  12. (数学)
  13. (数学) カーネル

類義語[編集]

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]