तृष्णा

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サンスクリット[編集]

語源[編集]

तृष् (√tr̥ṣ)〈渇、望〉より派生[1]

名詞[編集]

तृष्णा (tr̥ṣṇā) 女性

  1. 渇き[1]
  2. 渇望[1]
  3. (仏教) 渇愛恩愛[2]

格変化[編集]

類義語[編集]

語義1:〈渇き〉

派生語[編集]

形容詞:

関連語[編集]

形容詞:

諸言語への影響[編集]

参照[編集]

語義3:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Haughton, Graves C. (1833). “तृष्णा”. A Dictionary, Bengálí and Sanskrit, Explained in English, and Adapted for Students of Either Language. London: J. L. Cox & Son. p. 1351. https://archive.org/details/dictionarybengal1687haug/page/n717/mode/2up. 
  2. 「愛」 中村元福永光司田村芳朗、今野達 編『岩波 仏教辞典』岩波書店、1989年、1頁。ISBN 4-00-080072-8