ပု

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビルマ語[編集]

発音[編集]

語源1[編集]

状態動詞(形容詞)[編集]

ပု (pu)

  1. 小人症 (wp)ある[1][2]
派生語[編集]

動詞[編集]

ပု (pu)

  1. 下げままにするために引く[2]

語源2[編集]

パーリ語 ပုဗ္ဗေနိဝါသဉာဏ (pubbenivāsañāṇa, “宿住智”) からの借用語[1]

名詞[編集]

ပု (pu)

  1. 過去見ることができる智慧[1]宿住智 (wp)
参照[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 Judson, A.; Stevenson, Robert C.; Eveleth, F. H. (1921). “ပု, 1; ပု, 2”. The Judson Burmese-English Dictionary. Rangoon: American Baptist Mission Press. p. 636. https://archive.org/details/judsonburmeseeng00judsrich/page/636/mode/2up. 
  2. 2.0 2.1 2.2 “ပု”. Myanmar-English Dictionary. Rangoon: Dept. of the Myanmar Language Commission, Ministry of Education, Union of Myanmar. (1993). http://sealang.net/burmese/. 

モン語[編集]

語源[編集]

ニャークル語 [表記情報なし] (puuʔ, “(死体が)腐って膨れ上がる”) と同源[1]

発音[編集]

動詞[編集]

ပု (pu)

  1. 膨れる[4][2][3]
  2. 〔パークレット郡クリアン方言〕(が)のびる[3]
  3. 熟していないマンゴータマリンド (wp)などの果実見かけだけは熟したようになる[2][3][5]
  4. 腹を下す[2]

派生語[編集]

動詞:

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Diffloth, Gérard (1984). The Dvaravati Old Mon languages and Nyah Kur. Monic Language Studies. Bangkok: Chulalongkorn University Printing House. http://sealang.net/monkhmer/database/. 
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Shorto, H.L. (1962). A Dictionary of Modern Spoken Mon. London: Oxford University Press. http://sealang.net/mon/. 
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 坂本, 恭章モン語辞典東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所、1994年、595
  4. Haswell, J. M. (1874). Grammatical Notes and Vocabulary of the Peguan Language: To which are Added a Few Pages of Phrases, &c. Rangoon: American Mission Press. p. 89. https://books.google.co.jp/books?id=InZhAAAAcAAJ&pg=PA89&dq=swell&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjR0NPuiLvsAhUvy4sBHai7DUYQ6AEwAHoECAAQAg#v=onepage&q=swell&f=false. 
  5. จำปี ซือสัตย์ (2007[2008]). “เกราะ(มะขาม)”. พจนานุกรมไทย-มอญ สำเนียงมอญลพบุรี. ปทุมธานี: วัดจันทน์กะพ้อ. p. 14.  国立国会図書館サーチ: R100000002-Ia1000104949-00タイ語ロッブリー方言のモン語 (wp)を引く形式の辞書。)