သစ်မန်ကျည်း

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビルマ語[編集]

သစ်မန်ကျည်း (Albizia odoratissima)

異表記・別形[編集]

発音[編集]

名詞[編集]

သစ်မန်ကျည်း (sacʻ manʻ kyaññʻ")(逐語訳:「木のタマリンド」)

  1. マメ科(旧ネムノキ科ネムノキ属高木ニオイネムノキ (wp)Albizia odoratissima[2][1]
  2. ホルトノキ科ホルトノキ属Elaeocarpus)の高木の一種で、硬く価値のあるが得られるもの[3]

類義語[編集]

〈ニオイネムノキ〉

参照[編集]

〈ニオイネムノキ〉

〈ホルトノキ属の高木〉

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、養賢堂、1996年、第4版、152頁。 ISBN 4-924395-03-X
  2. 大野, 徹『ビルマ(ミャンマー)語辞典』大学書林、2000年、735頁。 ISBN 4-475-00145-5
  3. Judson, A.; Stevenson, Robert C.; Eveleth, F. H. (1921). The Judson Burmese-English Dictionary. Rangoon: American Baptist Mission Press. p. 988. https://archive.org/details/judsonburmeseeng00judsrich/page/988.