အဓိပ္ပါယ်

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ビルマ語[編集]

異表記・別形[編集]

語源[編集]

パーリ語 အဓိပ္ပါယ (adhippāya) の借用。さらに遡ればサンスクリット अभिप्राय (abhiprāya)〈意図〉に行き着く。

発音(?)[編集]

  • IPA: /ʔədeʲʔbɛ̀/(「アデイッベー」)

名詞[編集]

အဓိပ္ပါယ် (adhippāyʻ)

  1. 意味[2]

脚注[編集]

  1. Judson, A.; Stevenson, Robert C.; Eveleth, F. H. (1921). The Judson Burmese-English Dictionary. Rangoon: American Baptist Mission Press. p. 57. https://archive.org/details/judsonburmeseeng00judsrich/page/57. 
  2. ビルマ市民フォーラム 監修、田辺寿夫 編『話せる・伝わる ミャンマー語入門 CD付』大修館書店、2015年、131頁。ISBN 978-4-469-21352-2
  3. ဒေါက်တာသန်းထွန်း၊ မြန်မာသမိုင်းအစ။ 大野徹『やさしいビルマ語読本』大学書林、1991年、56頁。