あたま

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「あたま」 < 日本祖語 *atama

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

あ↗たま↘
あ↗た↘ま

京阪式アクセント[編集]

あ↗た↘ま

名詞[編集]

あたま

  1. かしらいただきのあたりや、人間の生えるあたりの事。また、動物が入っている部分
  2. 意味1より転じて、動物のより上の部分。
  3. 上方の先端。いただき。
  4. の働き。思考能力。頭脳
    • 科学者になるには『あたま』がよくなくてはいけない」これは普通世人の口にする一つの命題である。これはある意味ではほんとうだと思われる。しかし、一方でまた「科学者はあたまが悪くなくてはいけない」という命題も、ある意味ではやはりほんとうである。(寺田寅彦『科学者とあたま』)
  5. 物事のはじめの部分。
  6. 人の数のこと。
  7. 頭髪。また、髪型。
  8. 首魁リーダー。組織の上に立つ人。
  9. 昆虫の主な体節のひとつ。胸の上にある。

類義語[編集]

複合語・派生語[編集]

慣用句・連語[編集]

ことわざ[編集]

翻訳[編集]


古典日本語[編集]

語源[編集]

日本祖語 *atama

発音[編集]

三拍名詞四類

平安時代[編集]

↘あたま

南北朝時代以降[編集]

あた↘ま

名詞[編集]

あたま

  1. 頭部
  2. 物事のはじめ。最初

類義語[編集]

諸言語への影響[編集]