あて

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源1[編集]

あてる」 < 古典日本語「あつ

名詞[編集]

あてて、(て)】

  1. 目当て目的
  2. 見込み見当
  3. 頼り
    • あてにならない
  4. 衣類などのに付けてそれを保護するもの。
  5. (方言 主に関西) つまみ
発音[編集]
東京アクセント[編集]
あ↗て
京阪アクセント[編集]
↗あて

接尾辞[編集]

あて【当て、宛(て)】

  1. (割合を示す)~あたり
  2. 送り先届け先を示す。

動詞[編集]

あて

  1. あてる」の未然形。
  2. 「あてる」の連用形。

語源2[編集]

わて」 < 「わたい」 < 「わたし」 < 「わたくし

代名詞[編集]

あて

  1. (主に京阪地方の女性が用いる一人称)わたし

発音[編集]

あ↗て

類義語[編集]

  • うち(現代ではこちらがより一般的)

古典日本語[編集]

形容動詞[編集]

あて

  1. 身分たかい。高貴だ。
  2. 上品だ。優雅だ。

活用

ナリ型活用
あて-なり

派生語[編集]