あね

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

名詞[編集]

あね(血縁関係のものについては当用漢字外となったため古用となった)】

  1. おやを同じくする年上女子実姉
    杭州城内過軍橋の黒珠巷という処に許宣という若い男があったが、それは小さい時に両親を没くして、の縁づいている李仁という官吏の許に世話になっていた。(田中貢太郎 『雷峯塔物語』)
  2. 年齢に関係なく実兄配偶者義姉
  3. (しばしば、師弟関係等において、兄弟子配偶者
  4. 師弟関係において自分よりも先に入門した女性弟子姉弟子の略。師弟関係において、女性兄弟子。芸妓(wp)花柳界(花街)で姉弟子を姐芸妓と称する。

類義語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]