あらい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容詞[編集]

あらい

  1. (原義)整った、秩序のとれた、調和のとれた状態にない。
  2. い、表外訓:い、常用外:い】
    1. 動き勢い激しい
    2. 態度などが乱暴である。
    3. 度を越している。
  3. い、常用外:)い い】
    1. まばらである。隙間大きい
    2. などが大きい。
    3. ざらざらしている。滑らかでない。
    4. 大雑把である。

語源[編集]

古典日本語「あらし」(荒し、粗し)

活用[編集]

あら-い 形容詞活用表日本語の活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
あら かろ
かっ
けれ (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 あらかろう 未然形 +
否定形 あらくない 連用形 + ない
過去・完了 あらかった 連用形 +
言い切り あらい 終止形のみ
名詞化 あらいこと 連体形 + こと
仮定条件 あらければ 仮定形 +
様態 あらそうだ 語幹 + そうだ

対義語[編集]

語義2

発音[編集]

東京アクセント[編集]
あ↗らい
京阪アクセント[編集]
あ↘らい

動詞[編集]

あらい

  1. あらう」の連用形。

名詞[編集]

あらいい 歴史的仮名遣い:あらひ

  1. 洗うこと。
  2. 刺身冷水で洗って縮らせたもの。季語

語源[編集]

発音[編集]

あ↗らい