いるか

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tursiops truncatus 01.jpg

日本語[編集]

名詞[編集]

いるか海豚 なお、「」を当てる例あり】

  1. 哺乳綱クジラ目ハクジラ亜目に属する水棲動物のうち、成体の体長が4m前後以下の比較的小型の種類を呼ぶ通称。それより大きいものはくじらと呼称する。

語源[編集]

詳細は不明。古事記に以下の記事があり、原日本語にさかのぼるもの。

  • 其旦幸行于濱之時、毀鼻入鹿魚、既依一浦、於是御子、令白于神云、於我給御食之魚。(『古事記』仲哀天皇)
    其の旦濱に幸行でまし時、鼻毀りし入鹿魚、既に一浦に依れり。是に御子、神に白さしめて云りたまひしく、我に給御食の魚給へり。
    なお、「入鹿」を「いるか」と読むべきことは、古事記伝等にて論証。

派生語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]