うぬぼれる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

うぬぼれるれる】

  1. 自分優れていると思い得意になること。
    • その文章もうぬぼれる程のものではないので、こんなチャチな小説で、ほめられたり、一躍新進作家にならうなどと夢にも思つてゐなかつた。(坂口安吾 『二十七歳』)

活用[編集]

うぬぼ-れる 動詞活用表日本語の活用
ラ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
うぬぼ れる れる れれ れよ
れろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 うぬぼれない 未然形 + ない
意志・勧誘 うぬぼれよう 未然形 + よう
丁寧 うぬぼれます 連用形 + ます
過去・完了・状態 うぬぼれた 連用形 +
言い切り うぬぼれる 終止形のみ
名詞化 うぬぼれること 連体形 + こと
仮定条件 うぬぼれれば 仮定形 +
命令 うぬぼれよ
うぬぼれろ
命令形のみ