おくゆかしい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容詞[編集]

おくゆかしい 【奥ゆかしい】

  1. 人柄が)上品で、他人惹きつける深い気づかいが感じられる。
    • すこし陰気だが、話してみると、教養のある奥ゆかしいところがあって、剛子にすれば、社交室のとりとめのない男たちとよりは、この老人と一緒にいるほうがむしろ楽しいくらいだった。(久生十蘭「キャラコさん」『新青年』、1939年)

発音[編集]

東京アクセント[編集]
  • お↗くゆかし↘い

類義語[編集]

語源[編集]

奥ゆかしい「ゆかしい」は動詞「ゆく(行く)」の「ゆかし(行くし)」で「行きたい」と言う意味。奥ゆかしいは「奥まで(見に・触れに)行きたい」というところから「慎み深く上品で心がひかれる」「こまやかな心配りが見える様子」と言う意味を表す。