おふ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

おぶ 、 をふ 、および オフ も参照。

古典日本語[編集]

動詞:生[編集]

おふふ】

  1. える。びる。生長する。
お-ふ 動詞活用表日本語の活用
ハ行上二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ふる ふれ ひよ

発音(?)(連体形)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
うぉふ↗る
南北朝時代[編集]
うぉ↘う↗る
室町時代[編集]
うぉ↘ーる
江戸時代[編集]
お↘ーる

動詞:負[編集]

おふふ】

  1. う。
  2. う。
  3. こうむる。身に受ける
  4. (名を)つ。
  5. 借金をする。
お-ふ 動詞活用表日本語の活用
ハ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

派生語[編集]

諸言語への影響[編集]

  • 現代日本語: おう(負う)

動詞:追[編集]

おふふ】

  1. う。いかける。
  2. い。
  3. (目的地を)す。
  4. (先例に)ならう。踏襲する。
お-ふ 動詞活用表日本語の活用
ハ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

発音[編集]

二拍動詞一類

平安時代[編集]
↗うぉふ
南北朝時代[編集]
↗うぉう
江戸時代[編集]
↗おう

諸言語への影響[編集]

  • 現代日本語: おう(追う)