およぶ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

およぶ

  1. (自動詞) 影響などが、がってとどく
  2. (自動詞) 範囲が広がって、遠いところにする。ある大きな数量・遅い日時・進んだ段階に達する。
  3. (自動詞) 匹敵する。ならぶ
  4. (自動詞) できる
  5. (自動詞) することになる。
  6. (自動詞) (打ち消しを伴って)する必要がない。

活用[編集]

およ-ぶ 動詞活用表日本語の活用
バ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
およ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 およばない 未然形 + ない
意志・勧誘 およぼう 未然形音便 +
丁寧 およびます 連用形 + ます
過去・完了・状態 およんだ 連用形音便 +
言い切り およぶ 終止形のみ
名詞化 およぶこと 連体形 + こと
仮定条件 およべば 仮定形 +
命令 およべ 命令形のみ

発音[編集]

お↗よぶ

翻訳[編集]