かこつ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

かこつつ】

  1. 不平を言う。
    • 隣室の若夫婦、逢うて直ぐ身の上話を初める、失敗つゞきの不運をかこつ、彼等は襤褸を着て故郷に帰つたところだ、まあ、あまり悲観しないで運のめぐつてくるをお待ちなさい、などゝ、月並の文句を云つて慰める。(種田山頭火 『行乞記 (一)』)
  2. 別のものに、無理に関係付ける。かこつける

活用[編集]

かこ-つ 動詞活用表日本語の活用
タ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かこ

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かこたない 未然形 + ない
意志・勧誘 かことう 未然形音便 +
丁寧 かこちます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かこった 連用形音便 +
言い切り かこつ 終止形のみ
名詞化 かこつこと 連体形 + こと
仮定条件 かこてば 仮定形 +
命令 かこて 命令形のみ

活用

タ行四段活用
かこ-つ

連語[編集]