かてる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞:まぜる[編集]

かてるてる】

  1. (現代では余り使われない)まぜる、加える。元来は良くないものを加える、よくないものが重なるという意味である。
  2. (方言)仲間に入れる。

活用[編集]

か-てる 動詞活用表日本語の活用
タ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
てる てる てれ てよ
てろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かてない 未然形 + ない
意志・勧誘 かてよう 未然形 + よう
丁寧 かてます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かてた 連用形 +
言い切り かてる 終止形のみ
名詞化 かてること 連体形 + こと
仮定条件 かてれば 仮定形 +
命令 かてよ
かてろ
命令形のみ

語源[編集]

  • 糅てより先に、和語として成立した。

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞:可能動詞[編集]

かてるてる】(「かつ」の可能動詞

  1. 勝つことができる。