かなう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「かなふ

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

か↗な↘う

京阪式アクセント[編集]

↗かなう

動詞[編集]

かなう

  1. う】(願望などが)実現する。
    • この針は、不思議な、どんな願いごともかなう針だから、これをおまえさんにお礼としてあげる。(小川未明 『一本の銀の針』)
  2. う】適合する、あてはまる
  3. う】匹敵する。
  4. (一般に否定辞とともに)~をすることができる。
    • 本堂の屋根も杜のかげになって見ることはかなわなかったが、しかし彼は馬籠の村社諏訪分社のみすぼらしさに思い比べて、山腹に墳墓の地を抱くあの古い寺が長い間の村の中心の一つであったことを容易想像することはできた。(島崎藤村 『夜明け前』)
かな-う 動詞活用表日本語の活用
ワ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
かな

各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 かなわない 未然形 + ない
意志・勧誘 かなおう 未然形音便 +
丁寧 かないます 連用形 + ます
過去・完了・状態 かなった 連用形音便 +
言い切り かなう 終止形のみ
名詞化 かなうこと 連体形 + こと
仮定条件 かなえば 仮定形 +
命令 かなえ 命令形のみ

関連語[編集]

派生語[編集]

成句[編集]