かわく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かわぐ も参照。

日本語[編集]

発音[編集]

動詞[編集]

かわくく、く】

  1. 【乾く】水分湿気が無くなる。ひる
  2. 【乾く】感情がなく、冷淡な感じを与える。「乾いた」の形で名詞の前で用いられることが多い。
  3. 【乾く】(「乾いた」の形で)音が軽くよく響く。
  4. 【渇く】(「喉が渇く」)潤いがなくなり水分を欲する。
  5. 【渇く】満たされず強く欲する。渇望する。

活用[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

語義2



古典日本語[編集]

発音[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]

かわ↗く

南北朝時代[編集]

か↘わ↗く

室町時代以降[編集]

か↘わく

動詞[編集]

かわく

  1. く】(現代語語義1)かわく。乾燥する。「する」をののしって言うことば。…しやがる。
  2. く】(喉が)かわく。
かわ-く 動詞活用表日本語の活用
カ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
かわ