きなくさい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容詞[編集]

きなくさい【きない】

  1. 物のこげるにおいがする。
    • 父が、嗅薬を用いたとみえて、きなくさい臭いが家内中にただよいました。(久坂葉子 『落ちてゆく世界』)
  2. (語義1より)戦争などの端緒となる気配がある。
  3. あやしい胡散臭い
    • どうもそのお顔では、ちっときな臭いんですがね。あのときの女の立膝が、ちらついているんじゃごわせんか。(佐々木味津三 『流行暗殺節』)

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
きなくさ かろ かっ
けれ 口語活用

関連語[編集]

あやしい

対義語[編集]