きもち

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞[編集]

きもち(ち)】

  1. 外界の変化に応じて、内心に生ずる一時的な感覚又は感情思想論理的帰結によるものではなく、反射的に生ずるものや、考えや思想に至る前の未整理な感情を言う。心持ち気分
  2. 身体に感じる不快の感覚。
  3. 理性で統御のできない感情、特に恋愛に関するもの。
    • あなたには女の気持ちはわからないのよ。
  4. 情。こころ。念。
    • 気持ちのこもったおもてなしを受けた。
  5. 挨拶や贈物などを謙遜していう婉曲語。心遣い
    • ほんの気持ちだと思って、受け取ってください。
  6. (副詞的に)少し
    • 絵の額を、気持ち、右に傾けてもらえますか。

翻訳[編集]