くず

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

名詞:屑[編集]

くず

  1. よいところをとったあとのこったもの。本体からこぼれおちて不要になったもの。ごみ
    • パンくず。かんなくず。消しゴムのくず。
  2. 一面に散らばった、微小にみえるもの。
    • 星屑。
  3. こわれてつかわなくなったもの。
  4. なん役にもたたないもの。
  5. 倫理的、道義的に問題のある人。またその行為

語源[編集]

古典日本語「くづ」の変化

発音[編集]

東京式アクセント ク↘ズ
京阪式アクセント ↘クズ

関連語[編集]

類義語[編集]
派生語[編集]

翻訳[編集]

名詞:葛[編集]

くず

  1. 大型のつる多年草マメ科に属する。秋の七草のひとつ。季語

語源[編集]

地名「国栖」より。

発音[編集]

東京式アクセント ク↘ズ
京阪式アクセント ↘ク↗ズ↘

関連語[編集]

固有名詞[編集]

くず国栖国樔国巣

  1. かつて大和やまと国吉野郡にあったとされる。その住民
    • 此者吉野国巣之祖(『古事記』中巻(神武天皇))
      これは吉野のくずの祖先
  2. 常陸ひたち茨城いばらき郡の土着民。
  3. 能の演目のひとつ。