けし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

けし

名詞1[編集]

けし芥子罌粟

  1. ケシ目ケシ属の一年草一種学名:Papaver somniferum阿片材料となる。

翻訳[編集]

参照[編集]

名詞2[編集]

けしし】

  1. けすこと。
  2. マスキングモザイクなどで見えないようにすること。
  3. (囲碁)相手の模様が広がらないよう周辺から抑えこんでいくこと。

動詞[編集]

けし

  1. けす」の連用形

古典日本語[編集]

形容詞[編集]

けしし、し】

  1. あってはならないこと。
  2. だ。
基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の種類
けし -しく -しく -し -しき -しけれ シク活用
-しから -しかり -しかる -しかれ

接尾辞[編集]

けし

  1. 名詞形容詞形容動詞などの語幹に付いて「~のようである」などの意の形容詞を作る接尾辞

派生語[編集]