けり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

げり および ケリ も参照。

日本語[編集]

名詞:蹴り[編集]

けりり】

  1. 蹴ること。

発音[編集]

け↗り↘

翻訳[編集]

関連語[編集]

名詞:けり[編集]

けり

  1. 争いごとの決着仕事などの始末
    • けりをつける。(結論を出して終わらせる。結末をきちんと準備したのち、物事を終わらせる。)

発音[編集]

け↗り↘

語源[編集]

  • 古語助動詞。俳句などの多くが「けり」で終わることから、「決着」「終結」の意が生じた。

翻訳[編集]

古典日本語[編集]

助動詞[編集]

けり

  1. (伝聞過去)また、人から伝え聞いたことの回想。(~た。~たそうだ)
    • 今は昔、竹取の翁といふものありけり。(竹取物語
      今となっては昔のことだが、竹取の翁という者がい(そうだ)。
  2. (気づき)今まで気づいていなかったことに今、気づき驚くこと。(~だなあ。~だったなあ。)「詠嘆」という用法は、学校文法の中で作り出された概念。
    • 山川に 風のかけたる しがらみは ながれもあへぬ もみぢなりけり春道列樹小倉百人一首
      山川に風が掛けたしがらみは、流れないで溜まっているもみじだったのだなあ
  3. 切れ字俳句強調詠嘆断定などを意味する。

活用: 古語[編集]

連用形接続
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
(けら) けり ける けれ

関連語[編集]

動詞[編集]

けりり】

  1. 来ている

活用

ラ行変格活用
け-り

語源[編集]

動詞「(来)」の連用形「」に補助動詞「あり」の付いた「きあり」からの音変化