こころ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikiquote
フリー引用句集ウィキクオートに関連のあるページがあります。

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「こころ」 < 古代日本語 kökörö < 日本祖語 *kəkərə

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

こ↗ころ↘
こ↗こ↘ろ

京阪式アクセント[編集]

こ↘ころ

名詞[編集]

こころ

  1. 人間精神活動。また、精神活動をつかさどるもの。
  2. きもち感情
  3. ものの感じ方、考え方。
  4. 興味関心意志意欲
  5. 表面上出さない、奥底にしまっている本当の気持ち。本心
  6. 物事の本質。物事の奥底にある内容。
  7. なぞかけのこたえ。
  8. 心臓むね

関連語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

心する

  1. (文章語)心に留める。注意する。覚悟する。

活用

サ行変格活用
こころ-する

古典日本語[編集]

語源[編集]

古代日本語 kökörö < 日本祖語 *kəkərə

発音[編集]

三拍名詞五類

平安時代[編集]

ここ↗ろ

南北朝時代[編集]

こ↘こ↗ろ

室町時代以降[編集]

こ↘ころ

名詞[編集]

こころ

  1. こころ。精神
  2. 感情ち。
  3. 意志意向
  4. なさけ。
  5. 情趣おもむき
  6. 思慮道理分別判断
  7. 本質
  8. こころがまえ。
  9. 中心

諸言語への影響[編集]