こそ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

助詞[編集]

こそ副助詞、又は、現代語でその分類を認める場合、係助詞

  1. 前にくる語を強調する。
    こそ真価が問われるときだ

副詞[編集]

こそ

  1. 大きなおとを立てないようにしずかに動いたり話したりする様。
    親の目を盗んでこそっと出かけた。

類義語[編集]

派生語[編集]


古典日本語[編集]

語源[編集]

助詞[編集]

こそ係助詞

  1. 前にくる語を強調する。「係り結び」をする代表的な助詞であり、已然形で受ける唯一のもの。ただし、この法則は、江戸時代に廃れる。
    あやしうこそ ものぐるをしけれ終止形けり」)吉田兼好徒然草』)
    こそ別れ(終止形「」)、いざさらば。(仰げば尊し
    好きこそ物の上手なれ(終止形「なり」)