ことわり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語ことわり」 < 動詞「ことわる」の連用形の名詞化

発音[編集]

東京式アクセント[編集]

こ↗とわり

京阪式アクセント[編集]

↗ことわり

名詞1[編集]

ことわり

  1. 道理筋道理屈
  2. 理由要因

名詞2[編集]

ことわりる】

  1. 辞退応諾しないこと。おことわりすること。
    • 断りを入れる
  2. 誤解を避けるための事前の説明
    • 断りを記す

動詞[編集]

ことわり

  1. ことわる」の連用形。

古典日本語[編集]

語源[編集]

動詞「ことわる」の連用形の名詞化

名詞[編集]

ことわりり】

  1. 道理筋道すじみち理屈
  2. 理由わけ
  3. 拒絶辞退
  4. 判断

派生語[編集]

諸言語への影響[編集]

形容動詞[編集]

ことわり【理、断り】

  1. 当然だ。
  2. (副詞的に)無論言うまでもない
基本形 語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用の種類
ことわりなり ことわり -なら -なり -なり -なる -なれ -なれ ナリ活用
-に