さくら

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桜の花
 
桜色

日本語[編集]

名詞[編集]

さくら

  1. 植物)の和名サクラバラ科サクラ属落葉樹、特に春先に咲く花を言い日本象徴する。また、その実を果物として収穫するものもある。(花:春の季語, 実:夏の季語)
  2. 【サクラ】あらかじめ用意された聴衆
    1. 芝居などで、無料見物させてもらうかわりに役者に声をかける者。
    2. 物売り、特に露天商で、買い手にして物を買い、他の客に購買意欲をわかせようとする者。しばしば、粗悪品を売る際に、詐欺的な手法として用いられる。
    3. 選挙などで、聴衆が多いことを装うため、対価をもらうなどして演説を聞き拍手などを送る者。
    4. 出会いや交際目的としてメール会話交わすなどする風俗業で、を多く集めるために、業者から報酬を得て一般人を装って参加する者。
  3. いろの一つ。桜色さくらいろ
  4. 桜肉(さくらにく)の略称。

発音[編集]

  • 東京式アクセント: さ↗くら
  • 京阪式アクセント: ↗さくら

類義語[編集]

複合語[編集]

翻訳[編集]