さしおく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語

[編集]

語源

[編集]

古典日本語「さしおく」 < 接頭辞「さし」 + 「おく

発音

[編集]

動詞

[編集]

さしおくく】

  1. 考慮すべきものを無視する。
  2. そのまま放っておく。後回しにする。

古典日本語

[編集]

語源

[編集]

さし +‎ おく

動詞

[編集]

さしおくく】

  1. く。
  2. ほうっておく、あとまわしにする。
さしお-く 動詞活用表日本語の活用
カ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
さしお

諸言語への影響

[編集]
  • 日本語: さしおく