しく

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

しぐ 、 シグ 、 じく 、および ジグ も参照。

日本語[編集]

動詞[編集]

しくく】

  1. 物を平ら広げ置く
  2. く】平らにしてある物のに置く。
  3. 一面にわたるよう置いたり撒いたりする。敷き詰める。
  4. 配置する。敷設する。設置する。
  5. く】広い範囲行き渡らせる。発布する。実施する。

活用[編集]

し-く 動詞活用表日本語の活用
カ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 しかない 未然形 + ない
意志・勧誘 しこう 未然形音便 +
丁寧 しきます 連用形 + ます
過去・完了・状態 しいた 連用形音便 +
言い切り しく 終止形のみ
名詞化 しくこと 連体形 + こと
仮定条件 しけば 仮定形 +
命令 しけ 命令形のみ

発音[編集]

東京アクセント[編集]
し↗く
京阪アクセント[編集]
↗しく

同音異義語[編集]

しく


古典日本語[編集]

動詞:敷[編集]

しくく、く】

  1. 一面ひろがる。
  2. たいらにひろげてく。
  3. ひろめる。
  4. おさめる。統治する。

活用

カ行四段活用
し-く

発音[編集]

二拍動詞一類

↗しく

動詞:如[編集]

しくく、く、く】

  1. 匹敵する。
  2. く。

活用

カ行四段活用
し-く

派生語[編集]

動詞:頻[編集]

しくく】

  1. かえす。たびかさなる。

活用

カ行四段活用
し-く

関連語[編集]

名詞[編集]

しく

  1. (上代語)~したこと。

語源[編集]

回想の助動詞「」の連体形 + 接尾辞「