しばしば

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

副詞[編集]

しばしば

  1. 物事一定間隔繰り返し起こるさま。「しょっちゅう」と「ときどき」の中間程度の頻度
    • 電車道に面した町はしばしば往来しているが、奥の方へは震災以後一度も踏み込んだことがなかったので、久振りでぶらぶらあるいてみると(岡本綺堂「三崎町の原」)〔1928年〕[1]
    • だが、若い日本人には、科学知識の豊富なものが随分と沢山できてきた。少年少女の理科知識に驚かされることが、しばしばある。(海野十三「電気看板の神経」)〔1930年〕[2]

用法[編集]

  • 「しばしば~」の形で名詞を修飾できる。
    • それに最近、親しい二、三の作家とのしばしばの往来は、私の思想に一層明らかな影像を投げるに至った。(柳宗悦「工藝の道」)〔1928年〕[3]
  • 「~しばしば」「~しばしばである」などの形で述語になれる。
    • 寝床の中で眼を覚して、手や足がしびれてることはしばしばだ。(豊島与志雄「憑きもの」)〔1949年〕[4]

類義語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

しばしばする

  1. まばたきを細かく繰り返す
    • まっくらな天井へ向けた二つの眼をしばしばさせていた(竹内浩三「手紙」)[5]
    • 秋声氏は子供のように目をしばしばさせて、そうねとおっしゃったきりだった。(林芙美子「新版 放浪記」)〔1930年〕[6]

活用[編集]

しばしば-する 動詞活用表日本語の活用
サ行変格活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
しばしば

する する すれ せよ
しろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 しばしばしない 未然形 + ない
否定 しばしばせず 未然形 +
自発・受身
可能・尊敬
しばしばされる 未然形 + れる
丁寧 しばしばします 連用形 + ます
過去・完了・状態 しばしばした 連用形 +
言い切り しばしばする 終止形のみ
名詞化 しばしばすること 連体形 + こと
仮定条件 しばしばすれば 仮定形 +
命令 しばしばせよ
しばしばしろ
命令形のみ

[編集]

  1. 青空文庫(2008年11月29日作成)(底本:「岡本綺堂随筆集」岩波文庫、岩波書店、2008年5月23日第4刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/49528_33607.html 2019年7月16日参照。
  2. 青空文庫(2005年6月25日作成)(底本:「海野十三全集 第1巻 遺言状放送」三一書房、1990年10月15日第1版第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000160/files/1234_18845.html 2019年7月16日参照。
  3. 青空文庫(2014年7月25日作成)(底本:「工藝の道」講談社学術文庫、講談社、2011年7月20日第3刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001520/files/54957_54058.html 2019年7月16日参照。
  4. 青空文庫(2006年9月20日作成)(底本:「豊島与志雄著作集 第五巻(小説5・戯曲)」未来社、1966年11月15日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000906/files/42649_24384.html 2019年7月16日参照。
  5. 青空文庫(2014年10月13日作成)(底本:「竹内浩三全作品集 日本が見えない 全1巻」藤原書店、2002年8月30日初版第5刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001675/files/54792_54781.html 2019年7月16日参照。
  6. 青空文庫(2008年6月8日作成)(底本:「新版 放浪記」新潮文庫、新潮社、1983年7月30日9刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/000291/files/1813_30136.html 2019年7月16日参照。