しむ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シム および 私務 も参照。

古典日本語[編集]

助動詞[編集]

しむ

  1. 使役を表す。~せる。~させる
  2. 尊敬を表す語と共に用い、高い尊敬を表す。~あそばす
  3. 謙譲を表す語と共に用い、謙譲の意を強める。~致す

活用[編集]

未然形接続
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
しめ しめ しむ しむる しむれ しめよ
しめ

動詞:染む[編集]

しむむ、む】

  1. まる。く。浸透する。
  2. ふかじる。専念する。

活用

マ行四段活用
し-む

しむ【染む、浸む】

  1. める。ませる。
  2. 深く感じさせる。執着する。熱中する。

活用

マ行下二段活用
し-む

発音(連体形 下二段活用)[編集]

三拍動詞一類

↗しむる

諸言語への影響[編集]

動詞:凍む[編集]

しむむ】

  1. こおる。こおく。

活用

マ行上二段活用
し-む

諸言語への影響[編集]

動詞:占む[編集]

しむむ、む】

  1. 所有物であることをしめ目印めじるしを付ける。
  2. 占有する。占領する。
  3. そなえる。

活用

マ行下二段活用
し-む

発音(連体形)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
しむ↗る
南北朝時代[編集]
し↘む↗る
室町時代以降[編集]
し↘むる

諸言語への影響[編集]

動詞:締む[編集]

しむむ】

  1. (紐や帯を)かたむすぶ。

活用

マ行下二段活用
し-む

諸言語への影響[編集]

発音(連体形)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]
しむ↗る
南北朝時代[編集]
し↘む↗る
室町時代以降[編集]
し↘むる

琉球語[編集]

名詞[編集]

しむ

  1. 冷雨
  2. 台所
  3. しも