すき

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

語源1[編集]

  • く」の連用形名詞化。

名詞・感情[編集]

すき【好き】

  1. あることや、人を好むこと。
    好きこそものの上手なれ
  2. (しばしば「数寄数奇」をあて)風流風雅であること。
    実際その時は人声のするのに、仕事邪魔思うよりも、数寄を凝らした囲いの中に、この家の主人や客に来た仲間が、どんな風流を楽しんでいるか?――そんな事に心が惹かれたのです。(芥川龍之介 『報恩記』)
派生語[編集]

形容動詞[編集]

すき)【好き】

  1. 好意好感抱いている状況状態
  2. (他人は度外視し)自ら満足できる状態。ものずき。酔狂
    あんたも好きだねえ。
  3. 思いのまま。気まま。自由意志によること。任意
    私はまたお前が柔かい手足へ、をつけるが可哀相だから、そう云ったんだが、いやだと云うならお前のすきにするがよいさ。(伊藤左千夫野菊の墓』)
    日曜日などにしても、平生学校から帰った時と同じく、定まった勉強もせず、定まった運動をするでもなく、田舎のことであるから、時にはある二三の友と遊びに出るようなこともあるが、それとて好んで遊び暮らしたいと思うのでもなく、たいてい自分好きなようにして自由に過ごしていた。(寺田寅彦 『わが中学時代の勉強法』)
    好きなときに好きなことを好きなように好きなだけやってみたい。

語源2[編集]

  • く」の連用形名詞化。
    以降、く、く、くは同源。

名詞・空間[編集]

すきき】

  1. (多くは複合語で)混雑せず空いていること。

語源3[編集]

  • く」の連用形名詞化。

名詞・間隙[編集]

すきき】

  1. ものとものの接合部位に生ずる狭い空間隙間すきま
  2. 部分的に無防備となった部位又は状態
成句[編集]

語源4[編集]

  • く」の連用形名詞化。

名詞・農具[編集]

Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。
Wikipedia
フリー百科事典ウィキペディア の記事があります。

すき

  1. 農地等を掘り起こすのに用いる農具
    1. 人力による小型の道具で、シャベル状の形状をもったくわなどの一種。
    2. 】もとは、などに引かせ、現代では、重機械で引く大型のもの、からすきプラウ
派生語[編集]
翻訳[編集]

語源5[編集]

  • く」の連用形名詞化。

名詞・製紙[編集]

すきき、き】

  1. 漉くこと。

語源6[編集]

名詞・主基[編集]

すき

  1. 大嘗祭のとき、神事用いる新穀奉納するため、悠紀ゆきに次いで選ばれた
関連語[編集]