ずばぬける

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

ずばぬける【ずばける】

  1. (自動詞) 普通よりも飛び離れて優れている。
    • 彼は異常な心のときめきを覚えながら、その方へ近づいて行つた。それは生気ないあたりの草木のなかにあつて、ずばぬけて美事な、みづみづしい樫の大木であつた。(原民喜 『火の踵』)

活用[編集]

ずばぬ-ける 動詞活用表日本語の活用
カ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
ずばぬ ける ける けれ けよ
けろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 ずばぬけない 未然形 + ない
意志・勧誘 ずばぬけよう 未然形 + よう
丁寧 ずばぬけます 連用形 + ます
過去・完了・状態 ずばぬけた 連用形 +
言い切り ずばぬける 終止形のみ
名詞化 ずばぬけること 連体形 + こと
仮定条件 ずばぬければ 仮定形 +
命令 ずばぬけよ
ずばぬけろ
命令形のみ