せつない

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

形容詞[編集]

せつないない】

  1. 感傷にひたること。さびしいこいしいものがなしい、心が締め付けられるような気持ち。
    • 理解せられざることは、たしかに切ないかも知れぬ。私もせつない時は、あった。然し、文学者、芸術家が、特に、ということはない。人間すべて同じこと、それだけのことではないか。 (坂口安吾 『私は誰?』)
  2. 苦境を打破する方法が見つからず、耐えがたいほど苦しい。
    • プロレタリア・農民の女の生活はこういう状態の下で、切ない男の生活より更に切ない最悪の条件におかれている。資本主義が行詰ると、女と子供とを一層むごく搾りはじめる。(宮本百合子、『婦人と文学の話』、1932年)

語源[編集]

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
せつな かろ かっ
けれ 口語活用

派生語[編集]

せつなさ

関連語[編集]

訳語[編集]