たしか

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

形容動詞[編集]

たしかか】

  1. 確実なこと。しっかりしているさま。はっきりしているさま。
    1. 間違いがないこと。確証があること。
      これはたしかな情報ですか。
      正午まではたしかにこの部屋にいた。
    2. 氏素性身元などに不審がなく信用がおけること。
      身元のたしかな人ですから。
    3. 技能高く信頼がおけること。
      たしかな技術を持っている。
    4. 明瞭感取できる。はっきりとした。
      たしか手ごたえ
      意識たしかにある。
    5. 正気であること。しっかりしていること。
      気はたしかか。気をたしかに持て。
  2. 間違いがないことを相手保証する。
    たしかにお預かりいたします。
  3. 話者の納得同意賛意肯定を示す。
    1. 一般
      そういう意味ではたしかに佐藤さんが適任だ。
      「鈴木さんってああ見えて繊細なところあるよね」「ああ、たしかに」
    2. 譲歩部分的同意を示して逆接導く
      たしか面白い内容はない。
      高額なのはたしかだが、導入により大幅省力化見込まれる。

派生語[編集]

翻訳[編集]

語義1

副詞[編集]

たしかか】

  1. 断言はできないが、そう記憶している様子。推測ではなく、あいまいな記憶を表す。
    たしか、二番目の引き出しにしまった。

関連語[編集]

翻訳[編集]