たたきあげる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

たたきあげるげる、き上げる】

  1. たたいてつくりあげる。
    • 世界の造船恢復の趨勢は前に申す如く、此点より所謂船増加の大勢は大に現れて来た、従って本年以後に於ける日本の造船界は多少衰頽すべき状態にある筈である、然り従来の貨物船のみを叩き上げる所謂トランプビルダーは今後漸次事業の閑□を告ぐることであろうと思う(『東京朝日新聞』 1920年1月4日 「造船界の現在将来(下)」)
  2. 努力もとで、技術を練りあげて上達させる。特に、下積みを重ねて技術を習得する。下の地位から苦労して上の地位へのぼる。
    • おれは、子供の時分は船長になりたくつて、海のことを書いた本ばかり読んだもんだ。商船学校をすべつたばかりに、船長は断念した。どうして水夫から叩きあげる気にならなかつたか。(岸田國士女人渇仰』)
  3. 財産を使い果たす。

活用[編集]

発音(?)[編集]

NHK: タタキアケ゜ル、タタキアケ゜ル

関連語[編集]