ただし

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

接続詞[編集]

ただしし】

  1. 前文例外条件付け加えるときに用いる。
    • 両議院の議員及びその選挙人の資格は、法律でこれを定める。但し、人種、信条、性別、社会的身分、門地、教育、財産又は収入によつて差別してはならない。(日本国憲法第44条)〔1946年〕

語源[編集]

古典日本語「ただし」 < 副詞「ただ」 + 強意の副助詞「

発音[編集]

た↘だし

類義語[編集]

複合語[編集]

翻訳[編集]

動詞[編集]

ただしし・し・し】

  1. ただす」の連用形。

古典日本語[編集]

接続詞[編集]

ただしし】

  1. もっともしかしながら
  2. あるいはもしかしたら

語源[編集]

副詞「ただ」 + 強意の副助詞「

形容詞[編集]

ただしし】

  1. ただしい。正当だ。
  2. ととのっている。

活用

シク型活用
ただ-し

発音[編集]

四拍形容詞二類

平安時代[編集]
(連用形)ただ↗し↘く
(連体形)ただし↗き↘ぃ
南北朝時代[編集]
(連用形)た↘だ↗し↘く
(連体形)ただ↘し↗き↘ぃ
室町時代以降[編集]
(連用形)た↘だしく
(連体形)ただ↘しき

諸言語への影響[編集]