たのしい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

語源[編集]

形容詞[編集]

たのしいしい、しい】

  1. 不安がなく晴れ晴れしている状態。うきうきしている様子。
    • よし子さんが、まくらもとに小さな金のくびかざりを見つけて、おどり上ってよろこびました。よし子さんにも、イヌにもネコにも、オウムにも、それはそれはたのしいクリスマスでした。(小野浩 『金のくびかざり』)〔1928年〕
    • 人の世になによりも楽しいものは仕事である。張り合いのあるものは仕事である。もしも私たちにすることが与えられてなかったら、毎日どんなにつまらないものだろう。(羽仁もと子最も楽しい事業』)〔1928年〕
    • 十人十色かもしれないが、私は家族の飯ごしらえもして、洗濯から掃除もたいてい自分でやっている。少しもわずらわしいとは思わない。といって別に愉しいとも道楽とも考えないが、何も台所や洗濯を忘れることが女の栄誉とも考えていない。(林芙美子平凡な女』)〔1937年〕

活用[編集]

語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用型
たのし かろ かっ
けれ 口語活用

発音[編集]

東京アクセント[編集]
た↗のし↘ー
京阪アクセント[編集]
たの↘しー

関連語[編集]

翻訳[編集]