ためらう

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

ためらうう、う】(旧仮名遣い:ためらふ

  1. 決心がつかずにぐずぐずすること。
    「ここだ!」といって桂は先に立って、縄暖簾を潜った。僕はびっくりして、しばしためらっていると中から「オイ君!」と呼んだ。しかたがないから入ると、桂はほどよき場処に陣取って笑味を含んでこっちを見ている。(国木田独歩 『非凡なる凡人』)
  2. 言葉を濁すこと、いいよどむこと。
    「ああ、王は悧巧だ。自惚れているがよい。私は、ちゃんと死ぬる覚悟で居るのに。命乞いなど決してしない。ただ、――」と言いかけて、メロスは足もとに視線を落し瞬時ためらい、「ただ、私に情をかけたいつもりなら、処刑までに三日間の日限を与えて下さい。たった一人の妹に、亭主を持たせてやりたいのです。三日のうちに、私は村で結婚式を挙げさせ、必ず、ここへ帰って来ます。」(太宰治走れメロス』)

活用

ワ行五段活用
ためら-う

類義語[編集]

翻訳[編集]