たり

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

助詞[編集]

たり(連用形接続 撥音「ん」またガ行のイ音便に続く時は「だり」となる)

  1. (「~たり、~たり」の形で動作の並列や繰り返しなどをあらわす)
    • 漢学の先生は蒟蒻版を畳んだり、延ばしたりしてる。(夏目漱石 『坊っちゃん』)
    • 行ったり来たりをくりかえす。(格助詞が後置する準体助詞的用法)
    • 歌ったり踊ったり、楽しいひとときを過ごした。
  2. (例示をあらわす。またしばしば行うことを表す)
    • 彼の気にしていた頭も、この頃ではだいぶ危険に逼っているだろうと思って、その地の透いて見えるところを想像したりなどした。(夏目漱石 『行人』)
  3. (可能性を表す)
    • 女優A あゝあ、誰かあたしを漫画に描いてくれないかなあ。/男優B 漫画の方が美人だつたりしてね。(岸田國士 『喧嘩上手(トオキイ脚本)』)

語源[編集]


古典日本語[編集]

語源1[編集]

  • 古典日本語完了の助動詞「」の連用形「」+動詞「あり」より。

助動詞[編集]

たり

  1. (状態の継続)~している。
  2. (動作等の完了後結果の継続)~た、~した。
    • それを昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうでたりける。(竹取物語
    • 冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず。(清少納言枕草子』)
用法[編集]

ラ変活用以外の活用語の連用形に接続する。

活用[編集]
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
たら たり たり たる たれ たれ ラ変型

語源2[編集]

  • 古典日本語の格助詞「」+動詞「あり」より。

助動詞[編集]

たり

  1. (断定)~である。
用法[編集]

体言に接続する。

活用[編集]
未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形 活用型
たら たり
たり たる たれ たれ タリ活用型

接尾辞[編集]

たり

  1. 形容的漢語につきタリ活用形容動詞を形成する(助動詞と分けない見解もある)。

語源3[編集]

不詳

接尾辞[編集]

たり

  1. 和語の数詞又は不定をあらわす「いく」につき人数を表す。
    • みたり、よたり、いくたり
    • ひとり」「ふたり」は、「ひとたり」「ふたたり」の転と考えられるが用例は発見されておらず不詳。