だす

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

だすす】

  1. (原義)から移動させる。
    部屋から出す。
  2. 表出する。
    声を出す。
    もっと自分らしさを出した方がいい。
  3. 基準となる位置から離す。手から離れさせる。
    手紙を出す。
  4. (子弟などを支援して学校などから)卒業させる。学校教育を受けさせる。
    彼女は独り身で子供二人を大学まで出した。
  5. 提出する。
    届出は月末までに出してください。
  6. 提供する。
    あのレストランは良い食事を出す。
  7. 書籍等を出版する。
  8. 金銭的な負担をする。出捐する、出資する

活用

サ行五段活用
だ-す

発音[編集]

東京アクセント[編集]
だ↘す
京阪アクセント[編集]
だ↗す

類義語[編集]

対義語[編集]

関連語[編集]

翻訳[編集]

語義1

語義2

語義5

語義6

語義7

語義8

助動詞[編集]

だす

  1. 大阪地方や東北地方の方言で、丁寧断定を表す。
    これなんぼだっか。 ―2個で200円だっせ。
    初めますて、おらの名前は田中だす。
未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 接続
だし だす (だす) 特殊型

関連語[編集]