てれる

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

てれるれる】

  1. (他人に褒められたり、改まった場面になって)恥ずかしくて顔が紅潮したり、落ち着かなくなったりする。
    • 「すごい。頑張ったじゃないか。」「照れるなあ。」
    • 「直接好きって言えばいいのに。」「いやだよ。照れるし。」
  2. (動詞てる+助動詞の連体形)日が照る。照る状態にある。
    • うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり 心悲しも ひとりし思へば (万葉集 大伴家持 8世紀)
  3. (動詞てる+助動詞の連体形)日に照らされて明るく鮮やかに見える。照り映える。
    • あたかも新嘗祭(にいなめさい)の空青々と晴れて、午後の日光(ひかり)は墓地に満ちたり。秋はここにも紅(くれない)に照れる桜の葉はらりと落ちて、仕切りの籬(かき)に咲(え)む茶山花(さざんか)の香(かおり)ほのかに、線香の煙立ち上るあたりには小鳥の声幽に聞こえぬ。(徳冨蘆花不如帰』 1899)

活用[編集]

て-れる 動詞活用表日本語の活用
ラ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
れる れる れれ れよ
れろ
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
否定 てれない 未然形 + ない
意志・勧誘 てれよう 未然形 + よう
丁寧 てれます 連用形 + ます
過去・完了・状態 てれた 連用形 +
言い切り てれる 終止形のみ
名詞化 てれること 連体形 + こと
仮定条件 てれれば 仮定形 +
命令 てれよ
てれろ
命令形のみ

関連語[編集]