ながれ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
移動先: 案内検索

日本語[編集]

動詞[編集]

ながれれ】

  1. 動詞「ながれる」の未然形
  2. 動詞「ながれる」の連用形

名詞[編集]

ながれれ】(連用形名詞化)

  1. 流体一方方向動くこと
    ここかわ流れはやい。
  2. 時間経過
    から数日時間流れはやられ
    騒がしい時勢の中に、月日の流れは、殊に早く思われた。(吉川英治、『山浦清麿』、1938年)
  3. 特定時代時期おける精神背景
  4. 流れる
    前橋市から、越後街道を利根の流れにそふて、渋川へ向ふ。この辺一帯に桑畑である。(野口雨情、『大利根八十里を溯る』、1926年。
  5. 時代区分される特定集団仲間分け
  6. 特定催し物集団行動[1]など
  7. ある決められ順序よる配列
  8. さすらうこと。いつどうなるかわからない境遇におちいること。多くは遊女になることを言う。
  9. さすらいびと通常遊女を言う。
  10. 目上から注い貰う[1]
  11. 催し実施され終わること
  12. 屋根うちむねからのきかけて傾い部分[1]
  13. 質屋預け受け出す期限切れ所有権失うこと[1]

類義語[編集]

語義3: <特定の時節における精神背景>

語義4: <流れる水>

語義5: <時代を経た特定集団の仲間分け>

語義7: <決められた順列>

語義8: <さすらう事>

語義11: <実施されずに終わる事>

関連語[編集]

語義13:

派生語[編集]

語義8または9: <さすらう事>; <さすらい人>

1. 放浪する境遇[1]
2. 遊女境遇

連語[編集]

語義1: <流体が一方向に動く事>

語義2および3: <時間の経過>; <特定の時節における精神的背景>

語義3: <特定の時節における精神的背景>

語義5: <時代を経た特定集団の仲間分け>

語義6: <催事後の小集団の行動>

語義7: <決められた順列>

語義10: <目上の者からの酌>

語義11: <実施されずに終わる事>

語義12: <屋根の傾き部分>

複合語[編集]

語義6: <催事後の小集団の行動>

語義12: <屋根の傾き部分>

翻訳[編集]

語義1および2:

語義3:

語義4:

語義5:

語義6: <催事後の小集団の行動>

語義7:

語義8:

語義9:

語義10:

語義11:

語義12: <屋根の傾き部分>

語義13:

参照[編集]

語義3:

語義4:

語義5:

語義8:

語義9:

語義10:


接尾辞[編集]

ながれれ】

  1. など細長いもの数えるため助数詞[1]

参照[編集]

脚注[編集]