ながれ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

動詞[編集]

ながれれ】

  1. 動詞「ながれる」の未然形
  2. 動詞「ながれる」の連用形

名詞[編集]

ながれれ】(連用形名詞化)

  1. 流体一方方向動くこと
  2. 時間経過
  3. 特定時代時期おける精神背景
  4. その場のいきおいはずみなりゆき
  5. 流れる
    • 前橋市から、越後街道を利根の流れにそふて、渋川へ向ふ。この辺一帯に桑畑である。(野口雨情、『大利根八十里を溯る』、1926年。
  6. 時代区分される特定集団仲間分け
  7. 特定催し物集団行動[1]など
  8. ある決められ順序よる配列
  9. さすらうこと。いつどうなるかわからない境遇におちいること。多くは遊女になることを言う。
  10. さすらいびと通常遊女を言う。
  11. 目上から注い貰う[1]おながれ
  12. 催し実施され終わること。おながれ。
  13. 屋根うちむねからのきかけて傾い部分[1]
  14. 質屋預け受け出す期限切れ所有権失うこと[1]

類義語[編集]

語義3: <特定の時節における精神背景>

語義5: <流れる水>

語義6: <時代を経た特定集団の仲間分け>

語義8: <決められた順列>

語義9: <さすらう事>

語義12: <実施されずに終わる事>

関連語[編集]

語義13:

派生語[編集]

語義8または9: <さすらう事>; <さすらい人>

連語[編集]

語義1: <流体が一方向に動く事>

語義2および3: <時間の経過>; <特定の時節における精神的背景>

語義3: <特定の時節における精神的背景>

語義6: <時代を経た特定集団の仲間分け>

語義7: <催事後の小集団の行動>

語義8: <決められた順列>

語義11: <目上の者からの酌>

語義12: <実施されずに終わる事>

語義13: <屋根の傾き部分>

複合語[編集]

語義7: <催事後の小集団の行動>

語義13: <屋根の傾き部分>

翻訳[編集]

語義1および2:

語義3:

語義5:

語義6:

語義7: <催事後の小集団の行動>

語義8:

語義9:

語義10:

語義11:

語義12:

語義13: <屋根の傾き部分>

語義14:

参照[編集]

語義3:

語義5:

語義6:

語義9:

語義10:

語義11:

接尾辞[編集]

ながれれ】

  1. など細長いもの数えるため助数詞[1]
    • 寺の境内が見渡されるのだが、何かの忌日で赤い流れ旗が一ながれ夕やみの中によどんで見えた。(室生犀星「三階の家」)〔1926年〕[2]
    • と、左右の小山の蔭から、菊水の旗二流れあらわれ、三百余騎が殺到して来た。(国枝史郎「あさひの鎧」)〔1934年〕[3]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 梅棹忠夫金田一春彦・他監修『講談社 カラー版 日本語大辞典』1989年、1442頁。ISBN 4-06-121057-2
  2. 青空文庫(2013年8月20日作成、2013年10月11日修正)(底本:「文豪怪談傑作選 室生犀星集 童子」ちくま文庫、筑摩書房、2008年9月10日第1刷)https://www.aozora.gr.jp/cards/001579/files/53173_51203.html 2019年1月20日参照。
  3. 青空文庫(2018年11月24日作成)(底本:「あさひの鎧(上)」国枝史郎伝奇文庫、講談社、1976年9月20日第1刷発行。「あさひの鎧(下)」国枝史郎伝奇文庫、講談社、1976年9月20日第1刷発行)https://www.aozora.gr.jp/cards/000255/files/45546_66514.html 2019年1月20日参照。