にほふ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典日本語[編集]

語源[編集]

  • 」(丹) + 「」(秀)
  • 「に」は赤い色の意で、本来は視覚の美しさをあらわす語であるが、時代が下るとともに嗅覚に関する意味をあらわすようになる。

発音(四段活用)[編集]

三拍動詞二類

平安時代[編集]

にふぉ↗ふ

南北朝時代[編集]

に↘うぉ↗う

室町時代[編集]

に↘うぉー

江戸時代[編集]

に↘おー

動詞[編集]

にほふふ】

  1. (ハ行四段活用)
    1. (木、草、土などの色に)美しくまる。
    2. 美しくひかる。美しくかがやく。照り映える
    3. 光沢がありうつくしい。
    4. さかえる。
    5. かおりがただよう。かおる
  2. (ハ行下二段活用)
    1. 美しく染める

活用

ハ行四段活用
にほ-ふ

活用

ハ行下二段活用
にほ-ふ

類義語[編集]

語義1.5

関連語[編集]

諸言語への影響[編集]