にわか

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語「にはか

形容動詞[編集]

にわか(か)】

  1. 物事が起こるさま。

活用[編集]

にわか-だ 形容動詞活用表日本語の活用
ダ活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
にわか だろ だっ

なら (無し)
各活用形の基礎的な結合例
意味 語形 結合
推量・意志 にわかだろう 未然形 +
過去・完了 にわかだった 連用形 +
否定形 にわかでない 連用形 + ない
自動詞化 にわかになる 連用形 + なる
言い切り にわかだ 終止形のみ
名詞化 にわかなこと 連体形 + こと
仮定条件 にわかならば 仮定形 +
様態 にわかそうだ 語幹 + そうだ

発音[編集]

に↘わか

関連語[編集]

名詞[編集]

にわか

  1. (「にわか」な思い付きから)即興演芸仮装軽口歌舞狂言など種々雑多であり、その演じる場所も流し俄といって街頭を流すもの、あるいは舞台屋体などを用いるものがある。享保元文年間頃に、京阪地方の祭礼余興としての素人芸から起ったもので、これが幇間芸から専門の俄師の演芸となり、江戸末期から明治へかけて歌舞伎芝居めいた寄席芸となった。俄の種類はその趣向によって見立俄・もじり俄・ロ合俄・物まね俄・拍子違いの俄・あぶら俄・なえこ俄・出たらめ俄・配り物俄などあり、その地方色によって大阪俄・吉原俄・博多俄などがある。