ぬくい

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語[編集]

語源[編集]

古典日本語形容詞「ぬくし」(<ぬくぬく?)より

形容詞[編集]

ぬくいい】

  1. 温度が心地よいくらいに高い。あたたかいぬくとい
    • 現在は、どちらかと言えば文章語となり、口語としては西日本で頻繁に用いられる(方言化の傾向が強い)。
    • こりやあ何だかぬくいではないか(坪内逍遥当世書生気質』)
    • 暁方近くらしいぬくい朝ぼらけを告ぐるやうな鶏の声が、距離不明の辺から聞えて来た。(岡本かの子 『上田秋成の晩年』)
    • ぬくいけん何枚も着とらん」 「どら、衿を数えてみてやろ」 男の子は、腥い手で私の衿を数えた。(林芙美子 『風琴と魚の町』)

発音[編集]

京阪アクセント[編集]
ぬ↘くい

関連語[編集]


琉球語[編集]

名詞[編集]

ぬくい

  1. のこり。