のたまふ

出典: フリー多機能辞典『ウィクショナリー日本語版(Wiktionary)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古典日本語[編集]

語源[編集]

「宣り」(「宣る」の連用形) + 「給ふ

動詞[編集]

のたまふふ】

  1. 言ふ」の尊敬語。いひたまふ。おっしゃる
    • かぐや姫のたまふやうに違はずつくり出でつ。(『竹取物語』)
    • わがいもうとどものよろしき聞えあるを思ひての給ふとや心うらん、ものもいはず。(『源氏物語帚木』)
    • 佛事は、此のたびは帰りて、後に迎へに来むと宣ふ声わが耳一つに聞えで(『更級日記』)

活用

ハ行四段活用
のたま-ふ

発音[編集]

四拍動詞三類

平安時代[編集]
の↗たまふ
南北朝時代[編集]
の↗たまう
室町時代以降[編集]
の↗たもー

諸言語への影響[編集]